2012展覧会

2012年12月19日 (水)

第2回 三重風景の会 松阪展

2012年12月19日(水) 〜 12月23日(日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月27日 (火)

駒田 治夫 展

2012年11月28日(水) 〜 12月16日(日)

B_haruo_aratobui_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月31日 (水)

岡林まち子 個展

2012年11月14日(水) 〜 25日(日)

Bokabayashi2
Bokabayashi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月29日 (土)

Mフォトルーム写真展 〜 飾る写真 〜

2012年10月24日(水) 〜 28日(日)

Photo01

Bmphoto02_3

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

采野 功季 ART EXHIBITION

2012年11月7日(水) 〜 11日(日)

Buneno02_2

采野 功季  略歴
2000年 渡米
2002年 The art student league of New York 入学
2003年 ニューヨーク ブルックリン“Bliss cafe”にて初個展

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月25日 (火)

田山 湖雪 写真展 suraitoー中間歩行ー

2012 / 10 / 10 (水) 〜 10 / 14 (日)
 am 10:00 - pm 5:00
 作家在廊予定 13日(土)・ 14日(日)

B

きっかけは、近所に住むおじさんからだった。数ヶ月に一度、所有する土地の草刈りをしていた。機械音を鳴らし鬱蒼と茂った雑草を淡々と刈りとる。なにげない日常行為がある瞬間、伸びゆく植物の猛威から生活圏を守るための攻防に見え、緊張感が走った。もし、草刈りを放棄したら。すると今まで保たれていた生活圏が植物に覆われ飲み込まれてしまう。この両者の関係は今、紙一重で保たれているのだ。
 人工物がひしめく都市は自然を切り離す中で発展を得てきた。それに対して、現在住の伊勢や故郷の静岡の両地方は、山と海に囲まれ暮らしからふと目をはずせば自然の気配を感じられる場所である。地方に在る人と自然の間で私は、カメラ片手に境界をさまよい続ける。

田山湖雪 展 / キャプションより

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月28日 (火)

coma 1周年記念 駒田 治夫 展

2012年9月5日(水) 〜 10月7日(日)

B201208coma

B201208coma2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月19日 (火)

駒田 治夫 常設展

2012年6月20日(水) 〜 7月15日(日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月18日 (月)

森谷 重夫 洋画展

B

B_2


2012年7月18日(水) 〜 7月29日(日)


森谷重夫 略歴

1917年 三重県津市安濃町生まれ
1942年 東京美術学校油絵科卒業
1949年 白日展 白日賞
1957年 三重県立津高等学校赴任
1979年 三重県教育文化功労賞
1983年 白日展 中澤賞
1986年 日展 中日賞
1989年 勲五等瑞宝章、日展 特選受賞
2000年 M文化賞
2001年 紺綬褒章
2004年 10月死去(享年87)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 6日 (水)

志摩に吹く風 展

B_5


B_6


2012年6月13日(水) 〜 17日(日)

志摩の作家たちによるグループ展

海女・陶人形    山口 茂
赤木場の社 穴窯  阪中 英雄
かご貼り・絵    阪中 清子
自然染め      林田 雄治
ステンレスアート  北井 浩文(銀色工房)


| | コメント (0) | トラックバック (0)